岸田氏、菅首相に「心から敬意」 総裁選不出馬 - 産経ニュース

メインコンテンツ

岸田氏、菅首相に「心から敬意」 総裁選不出馬

岸田文雄前政調会長(前列左から2人目)=3日午後、東京都文京区(三尾郁恵撮影)
岸田文雄前政調会長(前列左から2人目)=3日午後、東京都文京区(三尾郁恵撮影)

自民党総裁選(17日告示、29日投開票)に立候補している岸田文雄前政調会長は3日、菅義偉首相が総裁選不出馬を表明したことについて「この1年間、新型コロナウイルス対策に休みなく取り組んできた努力に心から敬意を表したい」とねぎらった。「首相の思いも受けとめ、国民の安心安全につなげるため、総裁選にしっかりと取り組みたい」と強調した。東京都内で記者団の取材に答えた。

首相の不出馬により、河野太郎ワクチン担当相や石破茂元幹事長の出馬が取り沙汰されており、総裁選の構図が変わる可能性があることに関しては、「おそらくいろいろな動きがあるだろう。構図も変わるかもしれない」と指摘。そのうえで「自民党の信頼回復のため、国民や党員にしっかりと向き合うことが何よりも大事だ。私はどんな状況になっても総裁選を戦っていきたい」と強調した。