【産経抄】9月3日 - 産経ニュース

産経抄

9月3日

「独特の常識の持ち主だから気をつけろと編集長にいわれました」。作家の佐藤愛子さんは、ある雑誌からインタビューに来た女性の「常識不足」の発言を面白がる。編集長は悪口にならないよう「独特の」という言葉を考え出したのだろうと、察した。

▼佐藤さんは早速、広辞苑を引く。「常識」と並ぶ「情識」が目を引いた。「勝手な考え。わがまま。一説に争う心とし、また強情、頑固の意ともいう」。佐藤さんは自分を「情識家の方らしい」という(『かくて老兵は消えてゆく』)

▼いや、現在97歳の佐藤さんこそ、本当の意味での常識家だと、人気エッセーのファンは知っている。小欄は情識という言葉から、世間の耳目を集めた裁判を思い浮かべた。東京・池袋で平成31年4月、乗用車の暴走により、松永真菜さん=当時(31)=と3歳だった長女の莉子ちゃんが死亡した悲惨な事故は、記憶に新しい。

ランキング

  1. 河野氏、親族企業の中国との関係「政治活動に影響全くない」
  2. 世界同時株安、「中国版リーマンショック」の懸念強まる
  3. EU、仏潜水艦計画破棄「許されない」と米豪を批判
  4. コロナ行動制限「効果があったのか」 麻生財務相が苦言
  5. 【産経・FNN世論調査】次の総裁、自民支持層でも河野氏断トツ、期待するのはリーダーシップ
  6. 高市氏と蔡総統の会談全文 安全保障など交流強化を確認
  7. 「ガラケー」に迫る終焉 携帯3G、来年から各社で終了
  8. 【正論】「陰翳礼讃」を観光政策の礎に 麗澤大学准教授 ジェイソン・モーガン
  9. 新首相、10月4日選出へ 臨時国会召集を閣議決定
  10. 野田氏「夫を信じている」 週刊誌報めぐり

メインコンテンツ