南紀・白浜の純白ビーチ 表面は豪州産 - 産経ニュース

南紀・白浜の純白ビーチ 表面は豪州産

白い砂浜が一面に広がる白良浜=7月、和歌山県白浜町
白い砂浜が一面に広がる白良浜=7月、和歌山県白浜町

約600メートルにわたり白い砂浜が続き、毎夏、多くの海水浴客でにぎわう和歌山県白浜町の白良浜(しららはま)。環境省の「快水浴場百選」や「日本の渚100選」にも選ばれた関西有数の海岸だが、昭和の終わりごろ浜の砂が減り、平成に入りオーストラリアから同質の砂が13万トン以上、輸入された。県外からの観光客は「きれいな砂」と感嘆するものの、地元の人からは「昔はもっと白く、踏むと音がなる『鳴き砂』だった」と不満の声も聞かれる。白良浜は変わったのだろうか。

昭和時代は「銀のよう」

ランキング

  1. 【産経・FNN合同世論調査】次の総裁、河野氏トップ 内閣支持率5カ月ぶり回復
  2. 高3女子死体遺棄 夫婦を殺人容疑で再逮捕
  3. 水に流せぬ公務員のお粗末 栓なきプール1週間給水
  4. 「二階カード」失った小池氏、迫る衆院選に一手は
  5. 【ビジネス解読】EVメーカーが鉱物資源国で争奪戦 トヨタも注目
  6. 100万円で看護師求む 新潟・佐渡ギリギリの病院事情
  7. 男性3人刺された事件で男逮捕 兵庫・加古川
  8. 群馬県の若者ワクチン接種特典 接種進んだが批判も
  9. 有原が戦力外に レンジャーズが発表

メインコンテンツ