フォト特集

50歳 杉浦2冠 自転車・女子個人ロードレース

メダルセレモニーを終え、日の丸を背に撮影に応じる杉浦佳子 =3日、富士スピードウェイ(桐原正道撮影)
メダルセレモニーを終え、日の丸を背に撮影に応じる杉浦佳子 =3日、富士スピードウェイ(桐原正道撮影)

東京パラリンピック第11日の3日、自転車の女子個人ロードレース(運動機能障害C1~3)で50歳の杉浦佳子(楽天ソシオビジネス)が優勝、日本最年長の金メダリストとなった女子個人ロードタイムトライアルと合わせて2冠を果たした。自転車で日本選手が同一大会で複数の「金」を獲得したのは初めて。

ギャラリーページで見る


また最年長記録 更新しちゃいました

杉浦佳子の話 ゴール直後は信じられなかった。最高ですね。また(最年長記録を)更新しちゃいました。今回で運は使い果たしたかな。最終ストレートの一番つらいところで、コーチの「行け、行け」という声が聞こえた。

会員限定記事会員サービス詳細