与党「決断に敬意」、野党「政権運営の資格なし」 - 産経ニュース

メインコンテンツ

与党「決断に敬意」、野党「政権運営の資格なし」

菅首相が総裁選に出馬しないことを伝える街頭ビジョン=3日午後、大阪市北区(須谷友郁撮影)
菅首相が総裁選に出馬しないことを伝える街頭ビジョン=3日午後、大阪市北区(須谷友郁撮影)

菅義偉(すが・よしひで)首相が3日、自身の任期満了に伴う自民党総裁選(17日告示、29日投開票)への不出馬を表明したことに、与党からは驚きとともに決断を評価する声が挙がった。一方、野党は新型コロナウイルス対策を途中で投げ出すことになるとして一斉に批判を強めた。

【自民党】

二階俊博幹事長「考えに考えた末の決断だと思う。総裁の考えをみんなで受け入れ、今後の党運営に対処したい」

佐藤勉総務会長「混乱を来したくないという思いで不出馬(という決断)をなされたのではないか」

下村博文政調会長「驚いた。ただ、ぎりぎりの判断をした。トップとしての厳しさ、孤独の中での決断には敬意を申し上げたい」

森山裕国対委員長「近くで1年間見てきて、いかにコロナ対応に命を懸けて取り組んできたか、よく分かっている」

安倍晋三前首相「昨年、私が体調不良で急に辞職することになり、国民の皆さまにご迷惑をお掛けする中、本当に立派に務めてくれた。後を継いでくれた首相に感謝している」

岸田文雄前政調会長「この1年間、新型コロナ対策に休みなく取り組んできた努力に心から敬意を表したい。首相の思いも受けとめ、国民の安心安全につなげるため、総裁選にしっかりと取り組みたい」

高市早苗前総務相「新型コロナ対策に一生懸命、取り組む思いで出馬断念された。国民のためを思う首相に心から敬意を表する。(昨年の総裁選で)私も一票を投じた。敬意と感謝を申し上げ、一生懸命お支えする」

石破茂元幹事長「全身全霊で休みもなく、働いてきたことに心から敬意を表したい。大変な決断だったと思う」

【公明党】

山口那津男代表「大変驚いた。今日のようなことになるとは全く予想していなかった」

【立憲民主党】

枝野幸男代表「国民生活への喫緊の対応が政治に求められている中で、こうした事態に至り、怒りを持って受け止めている。首相は無責任で、こうした状況を作った自民党全体に政権を運営する資格はない」

安住淳国対委員長「新型コロナ感染者が全国で増え、重症者が増え、亡くなる人が増えている中、大丈夫なのか。自民は今から、選挙で人気のある総裁を選ぼうと血道を上げるのだから、本当に信じられない」

【共産党】

志位和夫委員長「首相の政権投げ出しという事態となった。こんな政治はもう我慢ならない、という国民の世論と運動に追い詰められた結果だ」

【日本維新の会】

松井一郎代表(大阪市長)「実務派だから、政局の騒動に嫌気がさしたのではないかと思う。不出馬となって、落ち着いて新型コロナ対策ができるのではないか」

【国民民主党】

玉木雄一郎代表「突然のことで驚いた。緊急事態宣言の真っただ中にコロナ対策の最高責任者が辞意を表明したことは異常事態だ。事実上、コロナ対策の失敗の責任を取った形だ」

【社民党】

福島瑞穂党首「驚いている。現在、コロナ感染が広がっている。山火事が燃え盛っている中、『ちょっと僕、辞めます』と逃げるのは本当に無責任だ」