不倫相手へのプレゼント代に給付金不正受給疑い 警視庁巡査部長 - 産経ニュース

メインコンテンツ

不倫相手へのプレゼント代に給付金不正受給疑い 警視庁巡査部長

警視庁=東京都千代田区
警視庁=東京都千代田区

妻の仕事を偽り、新型コロナウイルス対策の持続化給付金をだまし取ったとして、警視庁は3日、詐欺の疑いで、立川署交通課の巡査部長の男(59)を書類送検するとともに、懲戒免職処分にしたと発表した。

人事1課によると、巡査部長は昨年11月下旬、荷物配送のアルバイトをしていた60代の妻を家政婦と偽って持続化給付金を申請し、100万円を不正受給したとしている。

巡査部長は「不倫相手との交際費にしたいと思った」と容疑を認めている。巡査部長は不倫相手の女性から「奥さんパートやっているんだから100万円もらえるんじゃないの」と言われ、妻に提案。妻は「警察官の夫が大丈夫というので書類を作った」と話しているという。警視庁は妻と不倫相手の女性、女性の知人も同日、同容疑で書類送検した。

不正受給した100万円は巡査部長と妻で50万円ずつ分け、巡査部長は不倫相手の女性へのプレゼント代などとして使ったという。

今年3月、立川署の会計課に住民税の税額変更の通知が来たため、市役所に確認したところ、妻の収入が100万円増えていることが分かり、犯行が発覚した。巡査部長は今年4月に全額返納した。

警視庁の堺瑞崇(さかい・みずたか)警務部参事官は「都民の信用を失墜させる行為であり、誠に遺憾。厳正な規律の保持に努めてまいりたい」としている。