中国メディア「菅氏は過渡期の人物」 - 産経ニュース

メインコンテンツ

中国メディア「菅氏は過渡期の人物」

記者会見する中国外務省の汪文斌氏=北京(共同)
記者会見する中国外務省の汪文斌氏=北京(共同)

【北京=三塚聖平】中国外務省の汪文斌(おう・ぶんひん)報道官は3日の記者会見で、菅義偉(すが・よしひで)首相が自民党総裁選に立候補しないと表明したことについて、「日本の内政については論評しない」と述べるにとどめた。日中関係への影響については「中日関係が健全で安定した発展を維持できるよう望む」と注文を付けた。

中国メディアも一斉に速報した。中国共産主義青年団(共青団)のニュースサイト「中国青年網」は、菅氏について「過渡期の人物とみられてはいたが、大いに驚愕(きょうがく)させられるニュースだった」と指摘した。今回の表明については、日本の新型コロナウイルスの感染状況が厳しさを増していることと「直接関係がある」とし、そうした状況下で東京五輪を開催したことで国民の不満が増したという見方を示した。

菅氏の後継争いも注目されている。岸田文雄前政調会長を有力候補として紹介する報道が多いが、靖国神社への参拝を行っている高市早苗前総務相を警戒する論調もみられた。

短文投稿サイト「微博(ウェイボ)」では、中国で知名度が高い安倍晋三前首相の再登板を予想する投稿が目立った。