新生児の遺体遺棄 容疑で26歳女逮捕 埼玉・川越 - 産経ニュース

メインコンテンツ

新生児の遺体遺棄 容疑で26歳女逮捕 埼玉・川越

埼玉県警察本部=さいたま市浦和区(内田優作撮影)
埼玉県警察本部=さいたま市浦和区(内田優作撮影)

埼玉県警は2日、生まれたばかりとみられる男児の遺体を遺棄したとして、死体遺棄の疑いで、同県川越市大塚、無職、斎藤真悠(まゆ)容疑者(26)を逮捕した。容疑を認め「自分の子供だ」と供述しているという。

逮捕容疑は、自宅アパートのクローゼット内に、男児の遺体を衣装ケースに入れた状態で遺棄したとしている。

関係者からとみられる情報提供があり、捜査員が2日午前9時ごろにアパートに出向いたところ、斎藤容疑者がクローゼットへと案内したという。斎藤容疑者はアパートで男性と同居していた。