綾野剛主演 新設・月10「アバランチ」はすべてが謎だらけ - 産経ニュース

メインコンテンツ

綾野剛主演 新設・月10「アバランチ」はすべてが謎だらけ

挑戦的な綾野剛主演“月10”のビジュアル(C)カンテレ
挑戦的な綾野剛主演“月10”のビジュアル(C)カンテレ

新設“月10”として10月18日からスタートするカンテレ・フジテレビ系連続ドラマ「アバランチ」(月曜後10・0、初回15分拡大)の記念すべき第1作主演者に俳優、綾野剛(39)が発表された。

演出は、映画「新聞記者」(2019年)で日本アカデミー賞を3部門制し、綾野の主演映画「ヤクザと家族 The Family」(今年)などを手掛けた藤井道人監督がチーフとして参加する。

モラルハザードが叫ばれて久しい令和の日本を舞台に、謎に包まれた常識外れのアウトロー集団・アバランチ(Avalanche=雪崩)の過激かつ痛快な活躍を描き、正義感に訴えかける劇場型ピカレスク・エンターテインメントとなっている。

綾野にとっては7年ぶりの同局系連ドラ主演で、主人公・羽生(はぶ)誠一を演じる。羽生はどんな経歴や特徴を持った人物なのか。アバランチは何の目的で活動している組織なのか。ほかのメンバーは所属しているのか…。すべてが謎に包まれている。

初公開されたビジュアルは、マスクで顔を覆った羽生やアバランチのシンボルマークで構成され、WEB上では「我々はアバランチ。10月18日、月曜夜10時、すべてが明らかになる。目撃せよ」という羽生の挑戦的なメッセージが添えられた動画も公開されている。

10月期の“月9”は窪田正孝主演の「ラジエーションハウスⅡ~放射線科の診断レポート~」(月曜後9・0)を放送。その流れからの「アバランチ」となる。

(産経デジタル)