パラ・アーチェリー上山選手に地元商店街が応援 - 産経ニュース

メインコンテンツ

パラ・アーチェリー上山選手に地元商店街が応援

上山友裕選手を応援するメッセージカードを貼る女性=大阪府東大阪市の花園商店街
上山友裕選手を応援するメッセージカードを貼る女性=大阪府東大阪市の花園商店街

東京パラリンピックのアーチェリー男子の上山(うえやま)友裕選手(34)=三菱電機=を応援しようと、上山選手の地元・大阪府東大阪市の花園商店街の空き店舗の一角に「がんばれ」「花園の星」「メダルを」と市民らの応援メッセージカード約200人分が掲示されている。

近鉄河内花園駅北側にある同商店街では、市民らが持ち寄ったメッセージカードを11日まで展示。アーチェリーで弓を放つ場所から的までの距離(約70メートル)を体感できるコーナーも設けた。商店街の前田正道会長は、コロナ禍で苦しむ各店が「ハンデにめげず頑張る上山選手に刺激をもらい、応援している」と話す。

メダル獲得が期待されていた上山選手は、3日の個人決勝トーナメントで初戦敗退。4日の混合団体で重定知佳選手(38)=林テレンプ=とのペアで挑む。

同市の飲食店従業員、河口真由美さん(53)は「メダルを持って、また来店してほしい」とエール。同市の元自営業、武本寿一さん(77)は「地元の星とは知らなかった。今後応援する」と話した。

ボトムコンテンツ