パラマラソンで都内交通規制 5日未明から - 産経ニュース

メインコンテンツ

パラマラソンで都内交通規制 5日未明から

東京パラリンピックのマラソン競技が5日に開催されるのに伴い、同日未明から都内各所で大規模な交通規制が敷かれる。コース周辺の道路では渋滞が予想されるため、大会組織委や警視庁は車での外出自粛を呼びかけている。

パラのマラソンは国立競技場(東京都新宿区)を発着点に、浅草、日本橋、東京タワーなど、都内の名所を巡るコースで行われる。

規制は競技が始まる約2時間前の5日午前4時半から同10時45分ごろまで行われる予定で、コース上は車の通行のほか、自転車や歩行者の横断も禁止される。首都高や東京高速道路の一部出入り口も閉鎖。これらの規制は選手の通過が終了した区間から順次、解除される。

警視庁は「車の利用は控えてほしい」と要請。どうしても車で外出する場合は組織委のホームページで交通量を確認し、混雑している道路があった場合は利用しないよう求めている。

ボトムコンテンツ