台湾 首相のワクチン支援などに謝意も - 産経ニュース

メインコンテンツ

台湾 首相のワクチン支援などに謝意も

4月、会談に臨む菅首相(左)とバイデン米大統領=ワシントンのホワイトハウス(首相官邸のツイッターより)
4月、会談に臨む菅首相(左)とバイデン米大統領=ワシントンのホワイトハウス(首相官邸のツイッターより)

【台北=矢板明夫】菅義偉(すが・よしひで)首相の自民党総裁選への不出馬表明を、台湾メディアも一斉に速報した。中広新聞ネットは「(新型)コロナ(ウイルス)に負けた菅首相」と題する記事をウェブに掲載し、「菅内閣の下で新型コロナウイルスの蔓延(まんえん)を止められなかったことが退陣の最大の原因」などと分析した。

菅首相は4月に訪米した際、バイデン米大統領と「台湾海峡の平和と安定の重要性」を強調する共同声明を発表し、台湾に新型コロナのワクチンを支援した。このため台湾では「親台派」と受け止められており、インターネットには「残念だ」「いろいろとやってくれてありがとう」と言った書き込みも寄せられた。