天皇ご一家、6日に赤坂御所から皇居へ 15日に新御所ご入居 - 産経ニュース

メインコンテンツ

天皇ご一家、6日に赤坂御所から皇居へ 15日に新御所ご入居

天皇、皇后両陛下と長女の敬宮(としのみや)愛子さまは、6日、代替わりに伴う引っ越しのため、現在のお住まいの赤坂御所を出られる。引っ越し作業の間、皇居・宮殿に滞在し、15日、皇居内の新御所に入られる。宮内庁が3日、発表した。

新御所となるのは、皇居の旧吹上仙洞(せんとう)御所。上皇ご夫妻が昨年3月まで、約26年間住まわれた。老朽化した設備などの改修が今年6月に完了し、宮内庁が天皇ご一家のご入居に向けた準備を進めていた。

当初、引っ越し期間中のご一家のご滞在先として那須御用邸(栃木県那須町)が検討されていたが、新型コロナウイルス禍で東京などに緊急事態宣言が発令され、各自治体が県境をまたぐ移動自粛を呼びかけていることなどを考慮。宮殿は本来、宿泊目的の利用を想定した施設ではなく、異例のご滞在となる。