2種のワクチン誤接種 福島・郡山の50代女性 - 産経ニュース

メインコンテンツ

2種のワクチン誤接種 福島・郡山の50代女性

福島県郡山市は3日、新型コロナウイルスワクチン接種で1回目に米モデルナ製を打った50代女性に、2回目に米ファイザー製を使うミスが起きたと発表した。現時点で女性の体調に問題はなく、今後の対応は医療機関と相談して決める。

市によると、女性は7月11日、モデルナ製を用いた職場接種を受けた。2回目を体調不良でキャンセルし、自らファイザー製による集団接種を予約。9月1日の2回目終了後、係員が接種済み証を接種券に貼る際、ミスに気付いた。

市担当者は「確認不足だった。再発防止に努める」と話した。