【井崎脩五郎のおもしろ競馬学】札幌2歳Sは波乱含みか - 産経ニュース

メインコンテンツ

井崎脩五郎のおもしろ競馬学

札幌2歳Sは波乱含みか

去年の札幌2歳Sは、1分48秒2というレコード決着で、1、2着馬はクビ差の大接戦だった。

いま考えてみると、あのときの1、2着馬はハイレベルだったんだなあと分かる。1着ソダシはその後、阪神ジュベナイルF、桜花賞という2つのGⅠを制覇。先日の札幌記念では初の古馬対戦にもかかわらず、大外枠から鮮やかな先行抜け出しを決めてみせた。

そして昨年の札幌2歳Sで、当時単勝オッズ10・6倍という低評価だったにもかかわらず、出遅れてのシンガリ追走から上がり最速で2着に追い込んできたユーバーレーベンは、その後、オークス馬になった。

2歳のGⅢでも、こういうハイレベルな年があるということなのだろう。

去年より前に、札幌2歳Sで、札幌の2歳コースレコードが出た年はと調べたら、2000年だった。

1着ジャングルポケット 1分49秒6

2着タガノテイオー   1馬身半

3着テイエムオーシャン 半馬身

このレコード決着の年の上位馬もさすがに強く、その後のGⅠ実績を見ると、ジャングルポケットはダービー、ジャパンCを制覇。タガノテイオーは朝日杯3歳S2着。そしてテイエムオーシャンは、阪神3歳牝馬S、桜花賞、秋華賞を勝っている。

さて、お立ち会い-。

今週の札幌2歳Sには、前走、東京の芝1800メートル戦を1分48秒2という好計時でデビュー勝ちしたジオグリフが出走してくる。好位に付けていき、直線に坂のある東京で繰り出した上がり33秒3という末脚は、まさに2歳馬ばなれしている。

そしてもう1頭、前走函館のデビュー戦を、1分48秒5という快時計で逃げ切ったトップキャストも出走予定。立川末広は「今年は空前のハイレベル戦。この2頭が他を圧している」と各所で吹聴しまくっている。

だけど、競馬の神様・大川慶次郎さんの、「1800メートル以上の2歳重賞で、人気を背負った逃げ馬は、後ろを気にして自滅する」という金言を思い出す。案外、波乱含みかもなあ。(競馬コラムニスト)