ワクチン・検査の活用提言 政府分科会 - 産経ニュース

メインコンテンツ

ワクチン・検査の活用提言 政府分科会

記者会見する新型コロナ感染症対策分科会の尾身茂会長=3日午後、東京都千代田区
記者会見する新型コロナ感染症対策分科会の尾身茂会長=3日午後、東京都千代田区

政府の新型コロナウイルス感染症対策分科会は3日、ワクチン接種が進んだ後の行動制限について政府への提言をまとめた。分科会の尾身茂会長の提案に基づき、接種証明や検査の陰性証明を組み合わせた「ワクチン・検査パッケージ」を入院患者や高齢者施設入所者との面会のほか、県境をまたぐ出張や旅行、全国から人が集まる大規模イベントや部活動などで活用することを求めた。

ただ、その場合もマスク着用などの対策を当面継続することが前提で、緊急事態宣言下での活用も想定していない。政府はワクチン接種進展を前提に、緊急事態宣言の発令地域でも十分な感染対策を取っていれば飲食店の酒類提供を認めるとする行動制限緩和案を検討しているが、温度差がある。

この日の分科会では、ワクチン接種が進んでも制限緩和は段階的に状況に応じて進めるべきだとの考えで一致した。