総裁選不出馬 近畿の知事はコロナ対策の継続を要望 - 産経ニュース

メインコンテンツ

総裁選不出馬 近畿の知事はコロナ対策の継続を要望

菅義偉首相の総裁選不出馬を伝える街頭ビジョン=3日午後6時、大阪市北区
菅義偉首相の総裁選不出馬を伝える街頭ビジョン=3日午後6時、大阪市北区

菅義偉(すが・よしひで)首相(自民党総裁)が3日、総裁選への不出馬を表明したことを受け、近畿の各知事は、これまでの政権運営をねぎらうとともに、新型コロナウイルスの継続的な対応を求めた。

兵庫県の斎藤元彦知事は報道陣の取材に「熟慮の上での判断だとは思うが、大変残念」と述べた。7月の同県知事選で自民から推薦を受けていたことに触れ、「官邸で激励をいただいた直後なので、大変驚いている」と話した。

政府与党には新型コロナ対応で空白を生まないことを求め、次期総裁にはコロナ禍から日常を少しずつ取り戻せるような出口戦略を示すことを望む、とした。

和歌山県の仁坂吉伸知事は「新型コロナ(の感染力)が強力で、その対策がはかばかしくいっていないのが大きなところだと思う。お気の毒なところもある」と語った。

「デジタル庁の創設や、インフラ整備などを進めてきた点は評価すべきだ」としつつ、新型コロナ対策について「今すでに欠けているところもあるので、今の任期、さらに次の方(首相)に改善すべき点は改善してもらいたい」と要望した。

「短い任期の間に公約を達成された」と施策を一定評価した滋賀県の三日月大造知事は、今後の政権運営に「かじ取りが揺らいだり、隙間ができたりすることのないよう、与党としての責任を引き続き持ってもらいたい」などと注文した。

奈良県の荒井正吾知事は「新型コロナへの対応をはじめ、わが国が直面するさまざまな課題に全力で取り組まれ、国政の発展にご尽力されたことに、深く感謝する」とコメント。京都府の西脇隆俊知事は、1年での退陣について「いろいろな仕事を進めたいと思っておられたはず。無念の思いがあるだろう」とおもんぱかった。