奈良で遭難の教授発見 警察犬は兵庫・クレバ号のいとこ - 産経ニュース

メインコンテンツ

奈良で遭難の教授発見 警察犬は兵庫・クレバ号のいとこ

遭難者の救助に貢献した警察犬「ジューク号」。兵庫県警の「クレバ号」のいとこにあたる=奈良県大淀町の同県警吉野署
遭難者の救助に貢献した警察犬「ジューク号」。兵庫県警の「クレバ号」のいとこにあたる=奈良県大淀町の同県警吉野署

奈良県天川村の山中で7月に遭難した大阪大学特任教授の審良(あきら)静男さん(68)の救助に貢献したとして奈良県警吉野署は2日、県警嘱託警察犬の「ジューク号」(ジャーマンシェパード、雄3歳)に感謝状を贈呈した。山間部の捜索は初めてだったが、落ち着いた仕事ぶりで、初のお手柄となった。

審良さんはノーベル医学・生理学賞候補に名前が挙がる免疫学の権威。7月24日、登山中に道に迷い、負傷して動けなくなった。

同署によるとジューク号は同26日朝から出動。審良さんの持ち物のにおいを嗅いで、追跡を開始した。

昼ごろ、ジューク号が崖下に向かうそぶりを示したため、警察官らが捜索し、登山道から約800メートル南に外れた場所で発見した。

この日の贈呈式では当初、きょろきょろと左右をうかがい、落ち着かない様子だったジューク号。同署の岡本哲也署長から感謝状とビーフジャーキーを贈られると、うれしそうににおいを嗅いでいた。

訓練士の三輪あつみさん(25)によると、ジューク号は怖がりな性格だが、最近は集中力がついてきたという。

ジューク号は警察犬2年目。捜索活動中に逃走し、復帰後に活躍している兵庫県警の警察犬「クレバ号」のいとこ。三輪さんは「クレバ号の活躍はうれしい。いとこ同士だが、意識することなく気負わずに、ジューク号にはのびのびと活動してほしい」と話した。

一時逃走で話題の警察犬 汚名返上の活躍続く