東京、確保要請でコロナ病床150増、6117床に - 産経ニュース

メインコンテンツ

東京、確保要請でコロナ病床150増、6117床に

東京都新宿区の東京都庁第一本庁舎(佐藤徳昭撮影)
東京都新宿区の東京都庁第一本庁舎(佐藤徳昭撮影)

東京都は2日、新型コロナウイルスのモニタリング会議を開き、厚生労働省との改正感染症法に基づく新型コロナウイルスの病床確保要請に対し、都内の医療機関から回答を受けた結果、新たに確保できたのが150床だったと明らかにした。確保病床は6117床となった。

都が目安としていた計7千床の確保を下回っており、一層の増加を進める方針。

都と厚労省は8月23日、都内にある約1万4千の医療機関に要請。コロナ患者を受け入れている病院にはさらなる病床確保を、受け入れていない診療所などにはワクチン接種や酸素ステーションなどへの人員派遣の協力を求めていた。8月31日の回答期限後、都が集計を進めていた。