池袋暴走事故 飯塚被告に禁錮5年の実刑判決 - 産経ニュース

メインコンテンツ

池袋暴走事故 飯塚被告に禁錮5年の実刑判決

東京地裁に入る飯塚幸三被告=2日午後、東京都千代田区(桐山弘太撮影)
東京地裁に入る飯塚幸三被告=2日午後、東京都千代田区(桐山弘太撮影)

東京・池袋で平成31年4月、乗用車が暴走して通行人を次々とはね、松永真菜(まな)さん=当時(31)=と長女、莉子(りこ)ちゃん=同(3)=が死亡した事故で、自動車運転処罰法違反(過失致死傷)の罪に問われた旧通産省工業技術院の元院長、飯塚幸三被告(90)の判決公判が2日、東京地裁で開かれ、下津健司裁判長は禁錮5年(求刑禁錮7年)を言い渡した。

飯塚被告は昨年10月の初公判以降、一貫して車の故障を訴え無罪を主張。検察側は「事故原因はブレーキとアクセルの踏み間違いだった」とし、今年7月の論告で「自己の能力の衰えを感じつつも、個人の利便性を優先させて事故を引き起こした」として、同罪の法定刑の上限となる禁錮7年を求刑していた。

「もう辞めにしませんか」池袋暴走遺族の問いかけ