大阪の「野戦病院」 9月中開設が目標と吉村知事 - 産経ニュース

メインコンテンツ

大阪の「野戦病院」 9月中開設が目標と吉村知事

新型コロナウイルス対策で「野戦病院」となる国際展示場「インテックス大阪」=大阪市住之江区
新型コロナウイルス対策で「野戦病院」となる国際展示場「インテックス大阪」=大阪市住之江区

大阪府の吉村洋文知事は2日の記者会見で、新型コロナウイルス対策として大阪市住之江区の国際展示場「インテックス大阪」に整備する臨時医療施設(野戦病院)について、9月中の開設を目標とする方針を明らかにした。府内の感染拡大に歯止めがかからない現状を踏まえ「スピードを重視すべきだ」と述べた。

府は千床規模の野戦病院を整備する予定で、千床のうち200床は中等症病床とし、残りは軽症や無症状で若年の自宅療養者らに対応する病床となる見込み。これまで吉村氏は、開設時に千床を稼働させるのではなく、医療従事者の確保数などに応じ、千床まで段階的に運用病床を増やす考えを示している。