国民・玉木氏、菅首相は「選挙最優先」と批判 - 産経ニュース

メインコンテンツ

国民・玉木氏、菅首相は「選挙最優先」と批判

国民民主党の玉木雄一郎代表(原川貴郎撮影)
国民民主党の玉木雄一郎代表(原川貴郎撮影)

国民民主党の玉木雄一郎代表は2日の記者会見で、菅義偉首相が新型コロナウイルス対策最優先を掲げる一方で、自民党役員人事などを検討していることについて「どう考えても(総裁選と衆院選の2つの)選挙最優先で、コロナが最優先になっていない」と批判した。

玉木氏は「総裁選の前にバタバタと人事をやって、そのことがコロナ対策にマイナスの影響があるとしたら、党利党略というよりも(首相の)個利個略のようだという批判は免れない」とも指摘した。