東都、秋は入れ替え戦なし 新型コロナ禍、異例措置 - 産経ニュース

メインコンテンツ

東都、秋は入れ替え戦なし 新型コロナ禍、異例措置

東都大学野球連盟は2日、新型コロナウイルスの感染拡大により今秋のリーグ戦では全ての入れ替え戦を行わないと発表した。今夏に2部リーグで集団感染を理由に活動停止とされたチームがあるなど、公平性を欠くとの観点から理事会などで決まった。

異例の措置について、大島正克理事長は「入れ替え戦は東都の看板。議論はあったが、不公平が生じてしまうために決定した」と説明した。

今秋の1部は6校に戻り、13日に国学院大―日大で開幕。開催方式は2回戦総当たりの勝率で争い、最後に2校が並んだ場合は優勝決定戦を実施する。1部でコロナ感染を理由に出場できなかったチームは「不戦敗」として扱われる。

2部では東洋大で67人もの集団感染が起き、1カ月以上も練習ができなかったという。感染拡大があった東農大のほか、専大や拓大でもコロナ禍で長期間の活動ができないケースがあった。