借金相手に同僚番号漏らす 仙台市職員を懲戒 - 産経ニュース

メインコンテンツ

借金相手に同僚番号漏らす 仙台市職員を懲戒

仙台市は2日、借金した相手の求めに応じ、同僚の職員6人の携帯電話の番号を無断で漏らしたとして、泉区建設部所属の20代男性職員を戒告の懲戒処分とした。職員は依願退職した。3月に市の複数の部署に借金の経緯や同僚らの氏名と携帯番号が記載されたファクス計約2500枚が届き、発覚した。

市によると、2月に面識のない人物から「お金に困っているようだから貸してあげる」と電話で突然持ち掛けられ、数万円を借りたと説明。その後、返済期限延長の条件として、同僚の携帯番号などを教えるよう求められ、口頭で伝えたという。