高3女子遺棄 夫「殺害持ち掛けられた」 妻が殺害主導か - 産経ニュース

メインコンテンツ

高3女子遺棄 夫「殺害持ち掛けられた」 妻が殺害主導か

警視庁向島署に入る小森和美容疑者=8月31日午前10時28分
警視庁向島署に入る小森和美容疑者=8月31日午前10時28分

東京都墨田区に住む高校3年の女子生徒(18)の遺体が山梨県内で見つかった事件で、死体遺棄容疑で逮捕された群馬県渋川市の職業不詳、小森章平容疑者(27)が「妻に女子生徒を殺そうと持ち掛けられた」と供述していることが2日、捜査関係者への取材で分かった。警視庁向島署捜査本部は、妻の和美(いずみ)容疑者(28)が女子生徒の殺害を主導した可能性もあるとみて、慎重に調べている。

捜査関係者によると、 小森容疑者は女子生徒と約2年前にツイッターで知り合ったとみられ、連絡を取り合い、「7月に都内で2人で会ったこともある」と説明。夫婦は三重県から車で群馬県に向かう途中に東京に立ち寄り、和美容疑者が友人と会っている間に、小森容疑者は女子生徒と会ったという。

小森容疑者は「ツイッターでのやりとりを妻から嫉妬された」と説明。夫婦は女子生徒と話し合いの場を持つため、8月28日午後、墨田区内で女子生徒と待ち合わせて車に乗せ、群馬県渋川市の自宅に向かった。車内で和美容疑者は小森容疑者と女子生徒が連絡を取り合わないよう、ツイッターのアカウントの削除を要求し、2人は応じたという。

その日は女子生徒を自宅に泊まらせ、29日にはいったん「女子生徒を返そうと思った」という。だが、和美容疑者は「気持ちの整理がつかなかった」と翻意し、殺害を決意。29日夜に再び女子生徒を車に乗せ、30日に山梨県早川町内にある物置小屋に着いたとみられる。夫婦は「首を絞めて刺した」と殺害についても認める供述をしている。

女子生徒の遺体が見つかった物置小屋からは、凶器とみられるロープと刃渡り約19センチのナイフも発見。ナイフには女子生徒のものとみられる血痕が付着していた。

女子生徒の背中には4カ所刺し傷があり、臓器に達する深さ18センチの傷も確認された。首にもロープで絞められたような痕があった。抵抗した際にできる防御創はなく、抵抗する間もなく殺害された可能性がある。

女子生徒は28日午後3時半ごろ、母親に「友達に会いに行く。すぐ戻る」などと話して外出した後、行方が分からなくなり、30日に山梨県内の物置小屋の中で遺体で発見された。