「自分は大丈夫」思い込み 避難遅れも感染拡大も 鹿間孝一 - 産経ニュース

「自分は大丈夫」思い込み 避難遅れも感染拡大も 鹿間孝一

大雨の影響で冠水した道路=8月中旬、佐賀県内
大雨の影響で冠水した道路=8月中旬、佐賀県内

9月1日は「防災の日」である。大正12(1923)年のこの日に関東大震災が起きた。さらに、この時期は立春から数えて「二百十日」にあたり、台風シーズンを迎えることも制定の理由になった。

関東大震災の被災状況を調査した物理学者で随筆家の寺田寅彦は、「天災は忘れた頃にやって来る」という有名な警句を残した。「防災の日」にぴったりのスローガンだが、最近では「天災は忘れる間もなくやって来る」が正しいのではないかと思う。

なぜなら毎年のように、日本列島のどこかで甚大な豪雨災害が起きている。先月は前線が停滞して各地で連日の大雨となったが、なかでも九州北部は5年連続で河川の氾濫や土砂災害、家屋の浸水被害に見舞われた。「数十年に一度」がかくも頻発するのは、異常気象と言うしかない。

ランキング

  1. 自民・佐藤氏「極めて失礼」 河野氏の政調改革
  2. 対中非難決議、総裁候補3氏「採択すべき」 河野氏回答せず
  3. 【阿比留瑠比の極言御免】河野氏の曖昧な突破力
  4. 中国へ「軟化」のシグナルか…バイデン演説、名指しゼロ
  5. 台湾、TPP加盟を正式申請 中国に対抗
  6. 立民、酔って迷惑行為の職員処分 内容明かさず
  7. 台湾TPP加入を申請 報道官が表明
  8. 河野氏の年金制度改革案に3氏が異論
  9. 【総裁選ドキュメント】河野氏「政高党低でないと困る」 若手と意見交換
  10. トヨタ11万台リコール 緊急通報装置などに問題

メインコンテンツ