瀬立、小松らが準決勝へ カヌー予選 - 産経ニュース

メインコンテンツ

瀬立、小松らが準決勝へ カヌー予選

【東京パラリンピック2020】<カヌー女子スプリント予選>力強く進む瀬立モニカ=海の森水上競技場(鳥越瑞絵撮影)
【東京パラリンピック2020】<カヌー女子スプリント予選>力強く進む瀬立モニカ=海の森水上競技場(鳥越瑞絵撮影)

東京パラリンピックのカヌー競技が始まり各種目の予選が行われ、女子カヤックシングル200メートル(運動機能障害KL1)の瀬立モニカ(江東区協会)は2組4着で、決勝進出を懸けて準決勝を戦うことになった。

女子バーシングル200メートル(VL2)の小松沙季(高知県協会)は1組5着、男子カヤックシングル200メートルでKL1の高木裕太(インフィニオンテクノロジーズジャパン)は2組6着、KL2の辰己博実(テス・エンジニアリング)は1組6着でいずれも準決勝に回った。

3、4日に各種目の準決勝、決勝が行われる。

ボトムコンテンツ