自民竹下派、次期衆院選の選対設置 本部長に茂木氏 - 産経ニュース

メインコンテンツ

自民竹下派、次期衆院選の選対設置 本部長に茂木氏

茂木敏充外相(春名中撮影)
茂木敏充外相(春名中撮影)

自民党竹下派(平成研究会、52人)は2日の会合で、次期衆院選に向け派閥の選対本部を立ち上げることを決めた。会長代行の茂木敏充外相が選対本部長を務める。政界引退を表明している竹下亘会長は最高顧問に就く。

茂木氏は「全員が当選できるように全力を挙げて取り組んでいきたい」と訴えた。自民党総裁選への対応については「グループでまとまっていくことが大切だ」と強調。来週にも行われる党役員人事に関しては「確としたことが決まっているわけではない」と述べるにとどめた。