国枝、上地が決勝進出 車いすテニス - 産経ニュース

メインコンテンツ

国枝、上地が決勝進出 車いすテニス

準決勝で英国の選手に勝利した国枝慎吾=2日、有明テニスの森公園(宮崎瑞穂撮影)
準決勝で英国の選手に勝利した国枝慎吾=2日、有明テニスの森公園(宮崎瑞穂撮影)

2日に行われた東京パラリンピックの車いすテニスシングルスの準決勝で、女子は第2シードの上地結衣(三井住友銀行)が第3シードのファンクート(オランダ)を6―2、6―2で下し、女子種目で日本勢初の決勝進出を果たした。前回銅メダルの上地は2大会連続の表彰台を決め、3日の決勝で第1シードのデフロート(オランダ)に挑む。

男子は第1シードの国枝慎吾(ユニクロ)が第5シードのリード(英国)を6―3、6―2で退けて決勝に進み、2大会ぶりの金メダルを懸けて第8シードのエフベリンク(オランダ)と対戦する。

ボトムコンテンツ