【プロが指南 就活の極意】意外と知らないインターンシップの基本(1/3ページ) - 産経ニュース

メインコンテンツ

プロが指南 就活の極意

意外と知らないインターンシップの基本

内定塾でのセミナーの様子
内定塾でのセミナーの様子

インターンシップが重要と聞いて、インターンシップの対策をしている学生は多いと思います。しかし、改めてインターンシップについて考えてみると良く分からないという学生が多いのも事実です。そこで、今回はインターンシップの開催時期や特徴についてお伝えします。

インターンシップは1年中開催している

知らない方も意外と多いのですが、実はインターンシップは1年中開催されています。開催時期や期間は企業によって異なりますし、そもそもインターンシップを実施しない企業もあります。学生が参加しやすい夏休みや冬休みなどの長期休暇に合わせてインターンシップを開催する企業が多いですが、春や秋にも開催されています。

開催時期によるインターンシップの違い

開催時期によって、インターンシップの内容には違いがあります。企業によっては時期ごとにインターンシップを開催するケースもありますが、その内容は開催時期によって異なることが多いです。

夏のインターンシップは意識が高い学生や危機感を強く持つ学生が多いのが特徴です。学生からすると始めたばかりの就職活動で右も左も分からないかもしれませんが、この段階で比較的優秀と思われる学生の囲い込みを行う企業は多く、厳しく学生を評価しています。

そのため、対策が進んでいる学生とそうでない学生とで差が出てしまい、選考を突破できない学生が集中するのもこの時期です。

冬のインターンシップは本選考が直前に控えている時期ですので、インターンシップに参加する学生の多くが本選考も受験することが多いのが特徴です。企業側も非常に力を入れており、この時期は本選考同様の質問がされることも多いので、本番を意識して取り組む必要があります。

開催期間によるインターンシップの違い

インターンシップには開催期間が1日~1カ月程度の短期インターンシップと1カ月以上の開催期間がある長期インターンシップの2種類あります。

①短期インターンシップ

期間としては、1dayインターンシップや2~3日のインターンシップが多く開催されています。開催期間が短いことから気軽に参加しやすいのが特徴です。