千葉・柏市長選 山下市議が出馬表明 教育関連の政策強調 - 産経ニュース

メインコンテンツ

千葉・柏市長選 山下市議が出馬表明 教育関連の政策強調

柏市議の山下洋輔氏
柏市議の山下洋輔氏

任期満了(11月20日)に伴う千葉県柏市長選に、同市議の山下洋輔氏(43)が、無所属での立候補を表明した。同市長選への出馬表明は山下氏が初めて。山下氏は平成23年に市議に初当選し、現在3期目。

山下氏は市役所で記者会見し、①学校施設に児童施設や福祉施設を併設し、地域コミュニティーの拠点にする②フリースクールなど特色ある学校を作り、選択の幅を広げる③駅前図書館などで生涯教育を充実させる-といった教育関連の政策を説明。新型コロナウイルス感染拡大の影響で先送りされている市立柏病院の建て替えに関しては、「現在地で早急に建て替える」とした。

現在3期目の秋山浩保市長は今季限りでの引退を表明しており、市長選は秋山市政の後継を決める新人同士の選挙戦となる公算。山下氏は、「秋山氏の教育重視などは評価するが、施策は時代に合わせて変える」と話した。