里見が準々決勝へ バドミントン - 産経ニュース

メインコンテンツ

里見が準々決勝へ バドミントン

女子シングルス(車いすWH1)1次リーグ 中国選手と対戦する里見紗李奈=国立代々木競技場
女子シングルス(車いすWH1)1次リーグ 中国選手と対戦する里見紗李奈=国立代々木競技場

2日に行われた東京パラリンピックのバドミントンは1次リーグで、女子シングルス(車いすWH1)A組の里見紗李奈(NTT都市開発)は中国選手に0―2で敗れたが、1勝1敗で3日の準々決勝に進んだ。女子ダブルス(車いす)A組の里見、山崎悠麻組(NTT都市開発)は初戦で韓国ペアに2―0で勝った。

女子シングルス(上肢障害SU5)B組の杉野明子(ヤフー)と男子シングルス(車いすWH1)B組の村山浩(SMBCグリーンサービス)は、ともに2連勝で1次リーグを突破。女子シングルス(車いすWH2)C組の小倉理恵(ブリヂストン)は2連敗で敗退。

ボトムコンテンツ