眞子さまご結婚「静かに見守りたい」加藤長官 - 産経ニュース

メインコンテンツ

眞子さまご結婚「静かに見守りたい」加藤長官

会見に臨む加藤勝信官房長官=1日午前、首相官邸(春名中撮影)
会見に臨む加藤勝信官房長官=1日午前、首相官邸(春名中撮影)

加藤勝信官房長官は1日の記者会見で、秋篠宮ご夫妻の長女、眞子さまが、婚約内定相手の小室圭さん(29)と年内にも結婚される見通しとなったことに関し、「私自身そうした連絡を受けているものではない。政府としては静かに見守っていきたい」と述べた。

皇室を離れる際に国から支給される一時金については「実際の具体的制度の運用は、宮内庁において適切な対応が図られる」と説明した。

皇室典範で女性皇族は婚姻後、皇室を離れると定めており、皇室数は減少し続けている。安定的な皇位継承などに関する政府の有識者会議では、皇族数の確保策として①女性皇族の婚姻後も皇室に残る②旧宮家の男系男子が養子縁組などで皇籍に復帰する-の2案を軸に中間整理をまとめた。

加藤氏は皇族数の確保に関し、有識者会議の中間整理を踏まえ、事務局が課題を調査していると説明し、「さらにしっかり議論を進めていただきたい、また進めていきたい」と語った。