浪速風

遠のく非日常

英で開催された音楽フェスティバルに参加した観客ら=7月23日(ロイター)
英で開催された音楽フェスティバルに参加した観客ら=7月23日(ロイター)

「平和と愛と音楽の3日間」とうたって1969年8月、米国で開かれたウッドストック・フェスティバル。野外ステージにロックミュージシャンが多数出演し名演を残した。観客は数十万人とされ、中には麻薬にふける者もいるほど自由で奔放な雰囲気だったそうだ

▶日本でもフェスは夏の人気イベントの定番。小欄はずっと以前だが、万博記念公園でのフェスに行ったことがある。青空の下、寝そべったりビールを飲んだりしながら好きなように楽しめるお祭り。コロナ禍では到底できないと思っていたら、強行するイベント会社が

▶愛知県常滑市で8月28、29日に開かれたフェスの会場は、映像を見るとぎょっとするほどの密である。大規模イベントの急遽(きゅうきょ)中止が難しいのは分かる。だが、この形式で普段通りの感染抑止が無理筋なのも明らかだろう。観客は非日常を体験したくて来ているのだから。結果、自由にフェスを楽しめる日は遠のいたかもしれない。