沖縄離島にロケット破片か 「中国」記載、海岸漂着

沖縄県竹富町の小浜島の海岸に漂着したロケットの破片のようなもの=8月30日(竹富町提供)
沖縄県竹富町の小浜島の海岸に漂着したロケットの破片のようなもの=8月30日(竹富町提供)

沖縄県竹富町の小浜島の海岸で、ロケットの破片のようなものが見つかったことが1日、町への取材で分かった。中国の有人宇宙事業を表す「中国載人航天」と記載されており、関連部品の可能性がある。

町などによると、長さ約4メートル、幅約2・2メートルで、一部欠けている。白い塗装で、文字は青色。8月30日午前、住民が島南西部の砂浜に漂着しているのを見つけ、島駐在の八重山署員が町に連絡した。2週間ほど前から、沖合の岩に引っ掛かっていたとの情報もあり、町職員が現地に行き、詳しく調べる。

近くの竹富島の海岸にも昨年9月、小型無人機のようなものが漂着。台湾側が、訓練で使用した機体の可能性があるとして回収した。