9月中の衆院解散観測を否定 加藤長官「首相の発言に尽きる」

会見に臨む加藤勝信官房長官=1日午前、首相官邸(春名中撮影)
会見に臨む加藤勝信官房長官=1日午前、首相官邸(春名中撮影)

加藤勝信官房長官は1日の記者会見で、菅義偉(すが・よしひで)首相が9月中に解散に踏み切り、自民党総裁選(9月17日告示、29日投開票)を先送りするとの観測を否定したことに関し、「首相が述べられたことに尽きる」と語った。

加藤氏は首相が「今のような厳しい状況では解散できる状況ではない」と言及したことについて、「少なくとも今の時点においては厳しい状況だ。それがどうなれば厳しくないのかは、新型コロナウイルスワクチンの接種などいろいろな状況もあり、一概に申し上げるのは難しい」と説明した。

一方、次期衆院選が新型コロナの感染状況に影響するかとの問いには、「選挙はやるべきときにやらなければならない。いかに感染対策をしっかり行うかが大事だ」と述べた。