丸山元気騎手がコロナ感染 JRA騎手で初めて

丸山元気
丸山元気

日本中央競馬会(JRA)は1日、丸山元気騎手(30)が8月31日に新型コロナウイルスに感染していることが確認されたと発表した。JRA騎手の感染は初めて。

現在、保健所の指示で隔離の上、療養処置となっている。同騎手は28、29日には新潟競馬で騎乗したが、本人への聞き取りによると、保健所からは濃厚接触者はいないとの連絡があったという。

JRAは7、8月にワクチンの職域接種を実施。今週末の開催への影響については「JRAが独自に設定したルールに基づき、感染リスクがある人に対してはPCR検査や隔離等の対応を取っていきたい」としている。

会員限定記事会員サービス詳細