フジサンケイクラシック、2日開幕 2年ぶり有観客 - 産経ニュース

メインコンテンツ

フジサンケイクラシック、2日開幕 2年ぶり有観客

【男子ゴルフ「第49回フジサンケイクラシック」】〈練習日〉 調整する星野陸也=富士桜CC(甘利慈撮影)
【男子ゴルフ「第49回フジサンケイクラシック」】〈練習日〉 調整する星野陸也=富士桜CC(甘利慈撮影)

男子ゴルフの第49回フジサンケイクラシックは2日、山梨県富士河口湖町の富士桜カントリー倶楽部(7566ヤード、パー71)で開幕する。新型コロナウイルスの影響で試合中止が相次いだ2020年とシーズンが統合されたため、大会開催は同一シーズンで2度目。20年の国内初戦だった前回は無観客開催だったが、今回は感染防止策を徹底した上で1日千人を上限に観客を入れて行う。指定練習日の1日は2年連続3度目の大会制覇を狙う星野陸也らが最終調整した。

優勝争いは賞金ランキング1位で東京五輪にも出場した星野、同2位で6月にツアー初勝利から2戦連続優勝を飾った木下稜介、同3位で今季2勝の金谷拓実らを軸に展開されそうだ。09、10年大会を連覇した石川遼は前週1打差2位と調子は上向き。昨年は入国制限のため不在だった海外勢も、2週連続優勝を狙うスコット・ビンセント(ジンバブエ)や7月の日本プロ選手権を制した金成玹(韓国)ら実力者がそろう。

賞金総額は1億1千万円、優勝賞金は2200万円。