イルカ追い込み漁解禁 太地町、初日は約10頭

イルカなど小型鯨類の追い込み漁が解禁され、漁港を出発する「太地いさな組合」の漁船=1日早朝、和歌山県太地町
イルカなど小型鯨類の追い込み漁が解禁され、漁港を出発する「太地いさな組合」の漁船=1日早朝、和歌山県太地町

和歌山県太地町で1日、イルカやゴンドウクジラなどの小型鯨類の追い込み漁が解禁された。反捕鯨団体の抗議行動を海上保安庁や県警が警戒する中、地元の漁業協同組合に所属する「太地いさな組合」の漁船12隻が夜明け前に太地漁港を出発し、バンドウイルカ約10頭を捕獲した。組合によると、体長は2・7メートル前後で、水族館に販売する予定。

午前6時20分ごろ、沖合約7キロで群れを見つけ、入り江へ追い込んだ。漁協の貝良文専務理事は「漁獲があって安心した。出足から幸先が良い」と喜んでいた。

追い込み漁は、複数の漁船で、沖合の群れを入り江に誘導して捕獲する手法。来年の春まで続く。期間中、太地町内に第5管区海上保安本部(神戸)が臨時駐在所を開設。県警も警戒所を設け、警察官を24時間常駐させる。