「ウィンドウズ11」10月5日提供 MSが無料更新 搭載機器も販売へ

米マイクロソフトが発表した「ウィンドウズ11」の画面(同社提供・共同)
米マイクロソフトが発表した「ウィンドウズ11」の画面(同社提供・共同)

【ワシントン=塩原永久】米マイクロソフト(MS)は8月31日、6年ぶりに刷新した新たな基本ソフト(OS)「ウィンドウズ11」を10月5日から提供すると発表した。現行の「ウィンドウズ10」の利用者が無料で更新できるようになるほか、「11」を搭載したパソコンやタブレット端末などの電子機器の販売が始まる見通しだ。

MSは対象機器の機種やモデルなどに応じて更新を「段階的に行う」としている。新OSの利用が可能になった機種の画面に順次、通知が表示され、2022年半ばまでに対象の全機種に提供される予定だ。

ウィンドウズ11は、在宅勤務などで使うテレビ会議機能を強化したほか、スマートフォン用OS「アンドロイド」のアプリが利用可能になる。

MSは「10」のサポート期限を25年10月中旬としている。