高3女子遺棄で逮捕の男「関係を妻に嫉妬された」 - 産経ニュース

メインコンテンツ

高3女子遺棄で逮捕の男「関係を妻に嫉妬された」

女子生徒の遺体が見つかったとみられる山梨県早川町の現場周辺=31日午前10時10分
女子生徒の遺体が見つかったとみられる山梨県早川町の現場周辺=31日午前10時10分

東京都内の18歳の女子高生が行方不明になり、山梨県早川町の山林で遺体で見つかった事件で、警視庁向島署捜査本部に死体遺棄容疑で逮捕された小森章平容疑者(27)=群馬県渋川市=が「関係を妻に嫉妬された」などと供述していることが31日、捜査関係者への取材で分かった。同容疑で逮捕された妻の和美容疑者(28)も嫉妬心があったとする話をしているという。

2年前ツイッターで知り合う

捜査関係者によると、小森容疑者は「(女子生徒と)約2年前にツイッターで知り合った。関係を疑って妻が嫉妬した」などと説明している。

東京都墨田区の私立高3年、鷲野花夏(わしの・かな)さんは28日、母親に「友人に会いに行く。夕方には戻る」と告げて外出したまま帰宅しなかった。付近の防犯カメラの映像には夫婦の車に乗る姿が確認された。その後、夫婦に連れ回されていたとみられる。

捜査員が30日午後7時20分ごろ、夫婦の車を長野県内で見つけたが、女子生徒の姿はなかった。追及したところ、山梨県早川町の山林内の小屋に遺棄してきたと説明。その説明通り遺体が見つかった。遺体には首を絞められた痕や背中に刺し傷が4カ所あった。

>高3女子に刺し傷、首絞められた痕 逮捕の夫婦「間違いありません」