きれいのワンポイント

入浴後に「プレ保湿」

夏の終わりのこの時期、化粧のりが悪く、肌がくすんでみえる…と感じている方も多いのではないでしょうか?

蒸し暑い日も多く、まだまだ汗や皮脂の分泌が多いので、肌は一見、潤っているように感じます。しかし、紫外線や冷房によるダメージで知らぬ間に内側の水分量が減少し、べたつくのに乾いている「インナードライ」の肌になっているかもしれません。インナードライの肌には、保湿ケアが欠かせません。そこで、日常のスキンケアの習慣を見直して、肌に潤いを与えましょう。

まず見直したいのは、洗顔後のタオルドライの方法です。お風呂上がりなどは特に、汗が止まらず、タオルで肌をこするように拭いていませんか? 肌にとって摩擦による刺激は大敵です。タオルで肌を優しく押さえて、水分を吸い取るようにしましょう。

また、お風呂上がりの汗をひかせようと、冷房や扇風機に当たってからスキンケアを行う、という習慣も肌にダメージを与えます。入浴後は肌の潤いが失われやすいため、汗がひくのを待っている間にも、肌の乾燥は進んでしまいます。

すぐに保湿ケアを行うのが理想ですが、脱衣所などは暑くて、その場ではお手入れをする気になれない…。そんな時にさっと行えて効果的なのが、通常のスキンケアの前に行う「プレ保湿」です。タオルで優しく汗を押さえた後、導入美容液やミスト化粧水をつけましょう。

冷房が効いた部屋に移動した後にも、肌が乾燥しないよう、ミスト化粧水を重ねづけするのがおすすめです。水でぬらしたタオルなどで首元を冷やすと、汗がひきやすくなります。汗がひいたら、いつも通りのスキンケアを行いましょう。

さらに、シートマスクを取り入れると、集中的な保湿ケアができます。高保湿やエイジングケアなど、ご自身の肌の状態に合わせたタイプのシートマスクを選んでみてください。

日々のスキンケアを見直すことで、潤いで満ちた透明感のある肌へと導くことが期待できます。これからの秋の夜長。夏のダメージをリセットして、美しさに磨きをかける心地よい時間を楽しんでください。

■近藤尚子(こんどう・しょうこ) 百貨店などで店頭に立つビューティーコンサルタントの中から選抜され、高度な専門教育を受けた資生堂ビューティースペシャリスト。メークやスキンケアにとどまらず、健康やマナーについても幅広い知識を持つ。