俳人の坊城中子さん死去

俳人で結社「花鳥」名誉主宰の坊城中子(ぼうじょう・なかこ)さんが16日、老衰のため死去した。93歳だった。葬儀は近親者で行った。喪主は俳人の長男、俊樹(としき)氏。

俳人、高浜虚子の孫で、看護師として聖路加国際病院などに勤務。幼少期から俳句に親しみ、平成11年から23年まで「花鳥」を主宰した。句集に「櫓櫂」、エッセー集に「俳句の家」。俳人の稲畑汀子(ていこ)さんは妹。

会員限定記事会員サービス詳細