安野光雅が描く洛中洛外

もう一度見たい作品17位 「比叡山延暦寺 根本中堂」

比叡山延暦寺 根本中堂
比叡山延暦寺 根本中堂

ときは安元3年4月13日。比叡山の大衆、僧兵の一団は、神輿(みこし)をかつぎ武具もいかめしく、(藤原)師高(もろたか)兄弟の仏教に対する圧政の断罪を迫って「日月も地に落ちるかと思うほどの」大がかりな直訴に及んだ。

平家物語にかかれていることとはちがうが、映画ではこの場面に、実に颯爽(さっそう)と平清盛が登場する。わたしが市川雷蔵をはじめてみたのはこのときだった。眉を太く描き口上も凜々(りり)しかった。

最近、六波羅で清盛の像を見たが、根本中堂の栄光にはかなわぬとおもわれた。(あんの みつまさ=画家、抜粋)

■令和四年カレンダー「安野光雅 洛中洛外」発売