岸田氏、幹事長交代でも「主張は全く変わらず」

岸田文雄前政調会長(川口良介撮影)
岸田文雄前政調会長(川口良介撮影)

自民党総裁選(9月17日告示、29日投開票)への出馬を表明した岸田文雄前政調会長は31日、菅義偉首相(党総裁)が近く党役員人事に着手する意向が伝えられたことに関し、記者団に「もともと私が申し上げてきたのは自民党の改革だ」と述べ、「総裁を除く党役員は1期1年、連続3期まで」と上限を設ける自身の主張は変えない考えを明らかにした。

岸田氏は「中堅若手をしっかり登用でき、新陳代謝できる政党だと示すために役員の任期を考えるべきだと申し上げた。私の主張は全く変わらない」として、在任が5年以上となっている二階俊博幹事長を念頭に置いた発言ではないことを強調した。

また、岸田氏は総裁選を延期すべきだとの声があることについて「総裁選でしっかり国民の声を受け止め、政治に反映する。そして政治の信頼を回復するために総裁選を堂々とやらなければならない」と述べ、否定的な考えを示した。

会員限定記事会員サービス詳細