感染症対策を徹底 大阪のビジネス街に「本町サンケイビル」完成

本町サンケイビル(サンケイビル提供)
本町サンケイビル(サンケイビル提供)

サンケイビルが大阪のビジネス街、本町に建設していた高層オフィスビル「本町サンケイビル」(大阪市中央区)が31日、完成した。非接触で入室できるなど新型コロナウイルスの感染症対策を取り入れ、時代に合わせたオフィスビルとなっている。

地上21階建て、延べ床面積は2万9697平方メートル。大阪メトロ本町駅に徒歩1分でアクセスできる。

エレベーターは各フロアで手をかざすと呼び出せるタッチレスボタンで、セキュリティーカードをリーダーにあてれば登録した行き先階までボタンを触らずに到着する。オフィス内は1時間に2回空気が入れ替わり、窓面に外気を取り入れるスリットを設けた。1階にはキッチンカーを誘致し、地域のにぎわいづくりも目指す。

サンケイビルの松本肇取締役は「本町エリアで高層オフィスビルが新築されるのは久しぶり。地域活性化の起爆剤になりたい」と話した。