群馬県高崎市、コロナ感染心配な児童生徒にもオンライン授業

1日から2学期がスタートするのに伴い、群馬県高崎市は新型コロナウイルスへの感染が心配で登校を控える児童生徒にもオンライン授業を実施することを決めた。

オンライン授業の対象は、感染症と診断されたり濃厚接触者となったりして登校できない児童生徒も含まれる。

希望する場合には保護者から学校に申し出てもらい、授業のライブ中継や学校からの課題の送受信など保護者の希望に応じて対応する。

オンライン授業で使用するタブレット端末は学校で受け渡し、使い方も学校側が説明。来校できない場合は保護者が指定する場所に学校が届ける。使用方法で不明なことがあれば、市教育センター(027・329・7111)が問い合わせ窓口となる。授業は1日以降、準備が整い次第実施する。

一方、同市では1日から郵便局やコンビニなど広く市民が利用する施設を対象に手指消毒・除菌用エタノールを配布する。配布は7回目となる。