50歳杉浦、最年長金メダル 自転車女子ロードTT

自転車女子個人ロードタイムトライアル(運動機能障害C1~3)で力走する杉浦佳子選手=31日、富士スピードウェイ(佐藤徳昭撮影)
自転車女子個人ロードタイムトライアル(運動機能障害C1~3)で力走する杉浦佳子選手=31日、富士スピードウェイ(佐藤徳昭撮影)

東京パラリンピック第8日の31日、自転車女子個人ロードタイムトライアル(TT=運動機能障害C1~3)で、杉浦佳子(楽天ソシオビジネス)が25分55秒76で優勝した。50歳での金メダルは1996年アトランタ大会柔道71キロ級を46歳で制した牛窪多喜男を上回る日本最年長記録となった。自転車の「金」は史上4人目で女子では初。

選手が1人ずつ、8キロのコースを2周してタイムを競った。杉浦は2017年世界選手権で優勝し、19年も2位に入った実力を発揮した。

静岡県出身。45歳の時に自転車レースで転倒し、右半身のまひや記憶障害などを負った。リハビリを兼ねて継続した自転車競技ではトラック種目でも活躍し、日本のトップになった。9月3日の個人ロードレースで2冠達成に挑む。

会員限定記事会員サービス詳細