入管警備員が収容者にヘッドロック、全治2週間 - 産経ニュース

メインコンテンツ

入管警備員が収容者にヘッドロック、全治2週間

東日本入国管理センター(茨城県牛久市)は、警備業務をしている民間会社の警備員が、収容中の男性の頭と首に腕を回して絞めるヘッドロックをかけて、首に全治2週間のけがを負わせたと発表した。

センターによると、27日午後、警備員が運動の時間に貸し出したサッカーボールの所在を男性に確認した際、男性が冗談交じりに「外に出してしまった」と言ったため、ヘッドロックをしたという。警備員は冗談のつもりだったとの趣旨の話をしている。

男性が27日夕方に職員に首が痛むと相談。28日に再び痛みを訴えたため病院に行き、首の捻挫と診断された。