韓国101歳哲学者、金亨錫氏インタビュー詳報「習体制である限り香港は不毛の地に」

インタービューに応じる金亨錫・延世大名誉教授=7月、ソウル(桜井紀雄撮影)
インタービューに応じる金亨錫・延世大名誉教授=7月、ソウル(桜井紀雄撮影)

北朝鮮・平壌出身で金日成(キム・イルソン)主席と面会したこともある韓国の101歳の哲学者、金亨錫(ヒョンソク)延世(ヨンセ)大名誉教授は、産経新聞とのインタビューで、北朝鮮や中国の共産主義体制の限界について語った。主なやり取りは以下の通り。(聞き手 桜井紀雄)

--現在の韓国側に渡ることになったのは

「北朝鮮では党の考えに沿わない者は排除された。自由な思想を持つ者は南に来るしかなかった。私もその一人だ。経済界の指導者らも皆、南に来た。韓国が早く発展した理由の一つはそこにある」

ランキング

  1. 90年前の「中国国恥地図」、米軍が利用 「失地回復」掲げる膨張主義を警戒

  2. 【欧州を読む】エリザベス女王の体調不安 王室の影響力維持に課題

  3. 中国、米民主主義批判でキャンペーン 研究所も報告書

  4. 【あめりかノート】評価低落「ハリス・パニック」

  5. オミクロン45カ国以上に 韓国では24人感染

  6. 【竹島を考える】歴史曲解を外交カードとする錯覚を一刀両断せよ

  7. 【アメリカを読む】白人と非白人 女性失踪事件の報道格差

  8. スーチー氏を禁錮2年に減刑 ミャンマー総司令官

  9. ディオール写真に批判殺到 「中国人侮辱」で撤回

  10. WHO オミクロン株 日本の対応を「理解困難」と批判 感染力の情報は「数日以内」に